横浜市西区にあるプロテスタントのキリスト教会

教会について

  • HOME »
  • 教会について

牧師紹介 Pastors

中西雅裕(なかにしまさひろ)牧師

中西雅裕牧師生まれは岡山ですが、父親の仕事の関係で何回も引っ越しました。下手なのに、中高校生時代は野球とバスケットボールに夢中になりました。人間関係が下手で、出来るだけ人と触れあわない職業につきたいと思っていました。そんな時、学生時代に学園祭でもらった聖書がきっかけとなり、教会へ行きました。ちょっとでも自分が傷けられることを恐れるのに、人を傷つけても何も感じない自分に気づかされ愕然としました。こんな自分は嫌だ!変わりたいと願いました!「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎさった、見よ、すべてが新しくなったのである。」(聖書・コリント人への第二の手紙5章17節)自分でもどうすることも出来ない「自分」を変えて下さる方に出会えたのです!驚きでした!喜びでした!生まれて初めて、心からの平安を手にすることが出来ました!その後、私の人生は変わりました。牧師になるために神学校に入る前は、物理の研究所で働いていました。英語が苦手なのに、聖書の学びをするためにアメリカにも留学しました。東京生まれなのに、関西弁を話す奥さんがいます。大の麺喰いで、毎日麺類でも生きていけます。趣味はウォーキングです。
あなたは御自分が変わりたいと思っていらっしゃいますか?心の平安を得たいと願っていらっしゃいますか?ここに解決があります。横浜教会は、あなたを心から歓迎致します
東京大学大学院修了(工学修士)。大学・大学院では物理を専攻。日本原子力研究所で核融合研究に従事。その後、東京聖書学院、Trinity Evangelical Divinity School で学ぶ(Th.M)。日本ホーリネス教団ひばりが丘教会、びわこ教会を開拓。聖書解釈学、帰納法的聖書研究をライフワークとする。日本ホーリネス教団前委員長、JEA(日本福音同盟)宣教委員会委員長、JCE7(第7回日本伝道会議)プログラム局長。

関連サイト 日本ホーリネス教団
JEA(日本福音同盟)
JCE6(日本伝道会議)
藤巻充

教会の歴史 History

since 1917

前身の集まり

教会創立は1914年3月、今から106年前です。ひとりのクリスチャン貿易商が開いていた家庭集会が、神さまの恵みの源となり教会になりました。草創期には飯野 十造牧師、森 五郎牧師菅野 鋭牧師を中心に伝道を進め教会員も増えていましたが、関東大震災により教会堂は倒壊し、多くの教会員が住まいを失い、横浜を離れざるを得ませんでした。しかし、跡地にバラックの集会所を建てて伝道を再開します。が、その後再建された教会堂も、先の戦争中の空襲により焼失。さらに1942年6月26日、菅野 鋭牧師は治安維持法違反で逮捕され教会からはキリスト教書、教会員名簿、会計簿などすべての文書と路傍伝道用の太鼓まで押収されました。翌年4月教会は解散を命じられ、先生方(菅野牧師、雪夫人、尾花 晃牧師ら)は牧師職を剥奪されました。逮捕後の菅野牧師は警察署に留置のまま十一カ月取り調べを受け、刑務所に移送後1943年12月1日喀血により死亡、殉教されました。当時の国の指導者による全国的なホーリネス教会への宗教弾圧でした。

Since 1925

桜木町時代の教会

終戦後、先生方は 牧師職に復帰して自由に伝道できる時代になります。残っていた十数名の信者は教会堂が与えられるよう真剣に祈りました。
菅野牧師が生きておられたらきっと熱心に伝道されたであろうと励まされたのです。教会員のお宅で定期的に集まり一年目には土地を、二年目には教会堂を、三年目には牧師館をと具体的に祈り、それが確実に応えられていきました。1949年、まず現在の場所に土地が与えられます。翌年6月仮集会所にしていた教会員宅を東洋宣教会のH・キルボルン夫人が訪問。六畳間に十数名がひしめく会をご覧になりました。

Since 1950

1950年12月OMSの援助を得て献堂した教会堂 “SUGENO MEMORIAL CHURCH” と名付けた

そして殉教した菅野牧師が残した熱心信徒たちに心動かされ、『クリスマスに教会をあげましょう』と言われたのです。その言葉通りにアメリカから多額の献金が寄せられ、教会堂が建てられ、「菅野記念教会」と名付けられました。三年目には牧師館も与えられ、神さまは荒地だった場所に教会を建て多くの人を救いに導かれました。

 

パイプオルガン Pipe Organ

パイプオルガン

設計・製作 ヴェルナ・ボッシュ社(ドイツ) 作品番号OP.867
組立・製音 中井郁夫氏(中井オルガン工房)
ペーテライト氏(ヴェルナ・ボッシュ社)
設置年 1993年(平成5年)11月
外形寸法 265×275×460(㎝)
構造 メカニカル・アクション
スライダーチェスト
パイプ総本数:745本
手鍵盤 2段
音域:C-ℊ’’’=56鍵
足鍵盤 独立
音域:C-f’=30鍵
平行ペダル
レジスター数 12個
実働ストップ:11個
補助装置 カプラー
Ⅱ/Ⅰ.,Ⅰ/Ped.,Ⅱ/Ped.
調律法 平均率 A=440㎐(20℃)

Werner Bosch Orgelbau GmbH(ヴェルナ・ボッシュ社ホームページ)
https://www.bosch-orgelbau.com/

Ⅰ.Manual

1.Flӧte 8’from C-cis`
in the prospect,tin 75%
2.Principal 4’tin 40%
3.Waldflӧte 2’tin 35%
4.Mixtur Ⅲ-Ⅳ rks 2’ tin 70%
5.Trompete 8’cups tin 70% full length from C

Ⅱ.Manual

6.Holzgedackt 8’oak
7.Rohrflӧte 4’tin 35%
8.Principal 2’tin 70%
9.Sesquialtera 2 2/3’+1 3/5’ tin 70% Ⅱrks
Tremolo(efficient to both manuals)

Pedal

10.Subbaβ 16’wood
11.Choralbaβ 4’tin 70%
Trompete 8’from Ⅰ.Manual

ドイツの技術者を招いて、26年ぶりに行われた2019年メンテナンス風景

パイプオルガンコンサート

集会などで活躍する当教会自慢のパイプオルガン。
1994年から一年に一度10月にオルガニストをお呼びしてコンサートを行っています。

26回目の2019年は大平健介さんをゲストにお迎えしました。

2019年パイプオルガンコンサート

Profile

神奈川県横浜市生まれ。私立青山学院中等部、高等部卒業。東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻、および同大学院音楽研究科修士課程卒業。ヴュルツブルク音楽大学オルガン科マイスター課程、同大学教会音楽科を卒業。2010-15年、ヴュルツブルクバッハカンタータクラブ音楽監督。2016年、IONニュルンベルク国際オルガンコンクール優勝。2016-17年、シュトゥットガルト-ボトナングにてカントールを務めた他、ソリテュード宮殿礼拝堂におけるコンサートシリーズの音楽監督も兼任。2018年、シュティフツ教会専属オルガニストに就任。 自身のCDはアンスバッハの歴史的楽器ヴィーグリープオルガン (1739年製作)にて録音し、バイエルン放送/スペクトラルレコードよりリリースされている他、ヒルデスハイム大聖堂のザイファートオルガン(2014年製作 )にて録音されたCDはアンビエンテ社より 2019年にリリース。ドイツ・シュトゥットガルト在住。

2018年は柳澤文子さんに弾いていただきました。

パイプオルガンコンサート2018

Profile

東京藝術大学器楽科オルガン専攻卒業、同大学院修士課程修了。 スウェーデン国立ピテオ音楽大学ソリスト科修了。 横浜みなとみらいホール・オルガニストインターン修了。 スイス・ルツェルン市「O.メシアン・J.S.バッハ国際オルガンコンクール」第一位。 日本やヨーロッパ各地でのソロ活動の他、野田美香とデュオを組み連弾でのコンサートにも出演。 フェリス音楽教室・プリンシパルオルガン教室講師。 日本キリスト教会湘南教会オルガニスト。

合同墓地と合同記念会

教会墓地は、1921年(大正10年)9月に横浜市西区久保町8番地の久保山墓地に建てられたもので、今日まで三度の改築が行われています。現在は250体を納められる広さがあります。当教会は3年に一度、亡くなられた方をしのんで合同記念会を行っています。

お気軽にお問い合わせください TEL 045-311-3584 〒220-0002 神奈川県横浜市西区南軽井沢61

PAGETOP
Copyright © 宗教法人日本ホーリネス教団横浜教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.